光アスコン株式会社
〒612-8244
京都市伏見区横大路千両松町78番地
TEL.075-601-2311(代表)
FAX.075-611-1859
アスコンセンター
TEL.075-601-2311
FAX.075-611-1859
クリーンセンター・RPFセンター
TEL.075-601-2711
FAX.075-601-2188
 

お役立ち情報・Q&A

 

一般編

一般編
 
Q1.産業廃棄物の処分をお願いしたいのですが?
A.産業廃棄物には、法律(廃棄物処理法)により燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類等20種類の廃棄物、また、特別管理産業廃棄物として燃焼性の高い廃油、著しい腐食性を有する廃酸、廃アルカリ、感染性産業廃棄物、特定有害産業廃棄物等、非常に多くの種類の廃棄物が規定されていますが、このうち、法律により当社が処分業として許可を有する産業廃棄物は、下表に示す12種類の産業廃棄物と燃焼性の高い廃油や感染性廃棄物等を含む特別管理産業廃棄物であり、概ね、ほとんどの種類の産業廃棄物の処分をお引き受けすることができます。
 
Q2.廃薬品類などの液状物も引き受けてもらえますか?
A.液状の廃棄物であっても、許可の範囲内のものであれば引き受けることができます。
ただし、廃薬品類などは多種多様な性状のものがあり、また、排出される量が多量で処分することが困難な場合があります。一度ご相談下さい。
 
Q3.量が少ない場合でも引き受けてもらえますか?
A.量の多少にかかわらず処分をお引き受けできますので、お気軽にご相談ください。
 
Q4.会社の定休日はいつですか?
A.年末・年始の約6日間と毎週日曜日が定休日となります。
 
Q5.廃棄物の処分を委託する際には、事前にどのような手続きが必要ですか?
A.当社と委託される産業廃棄物の種類、量、処分の方法、料金、収集運搬の方法(自社又は業者委託)、最終処分先等を明記した「産業廃棄物処分委託契約書」を締結していただく必要があります。
 
Q6.処分はどのような方法で行うのですか?
A.「がれき類」は再生アスファルト合材や路盤材に、「廃プラスチック類」や「紙くず」等はRPF(固形燃料)としてリサイクルします。また、リサイクルになじまない可燃性の産業廃棄物や感染性産業廃棄物については、万全の公害防止対策を施した廃棄物焼却炉で焼却処分します。
 
Q7.焼却処分の場合、産業廃棄物を引き渡してから処分完了までの期間は?
A.産業廃棄物の種類や量により異なりますが、通常、感染性産業廃棄物は引渡しを受けた当日中に、その他の産業廃棄物は3日以内に処分を完了します。
 
Q8.取りに来てもらうことは可能ですか?
A.当社は、Q1.で示した廃棄物であって、おおよそ近畿圏の範囲内の地域であれば収集運搬も行います。お気軽にご相談ください。(許可の範囲参照。)
 
Q9.重量はどのようにして計るのですか?
A.産業廃棄物の搬入時にトラックスケールで計量し、その都度、計量票を発行します。
 
Q10.料金はいくらぐらいですか?
A.料金は、産業廃棄物の種類と量(重量又は容積)により決まりますが、同様の廃棄物であっても、性状の差により、また、梱包材や容器、他の廃棄物との混合状況等により料金が異なる場合もあります。具体的な廃棄物の状況をお聞かせいただければ、専門の担当者がご相談を承ります。お気軽にご相談ください。(料金の算定参照。)
 
Q11.廃棄物の分別や保管等について相談することは可能ですか?
A.産業廃棄物の処分を委託する前に、3R(リデュース、リユース、リサイクル)の原則に従い廃棄物の減量化・リサイクル等を行うことが重要であり、結果として、廃棄物の処理に伴う二酸化炭素の排出量や処分費用の削減にもつながることになります。
当社では専門のスタッフによる電話相談をはじめとして、現地への派遣相談も承っています。お気軽にご相談ください。
 
Q12.処理施設の見学はできますか?
A.もちろん可能です。当社では、見学者の受け入れを、常時(営業時間内)行っています。ただし、ご希望の日時が他の見学者と重なる場合は、日時の調整をお願いする場合があります。ご気軽にご相談ください。(見学、問合せ参照。)
<<光アスコン株式会社>> 〒612-8415 京都市伏見区横大路千両松町78番地 TEL:075-601-2711 FAX:075-601-2188